本文へスキップ

資源・素材学会 The Mining and Materials Processing Institute of Japan

〒860-8555 熊本市中央区黒髪 2-39-1
熊本大学大学院自然科学研究科
資源・素材 2014(熊本)実行委員会

大会概要 OUTLINE

大会日程

 日 程  月 日  時 間  行 事  会 場
 第1日   9月15日(月・祝)  9:00~16:00  企画講演,一般講演 熊本大学
工学部2号館
 16:00~17:30  ポスター発表コアタイム 熊本大学
工学部百周年記念館
 18:00~20:00  グループ交流会 熊本大学
FORICO
 第2日  9月16日(火)     9:00~12:00 企画講演,一般講演 熊本大学
工学部2号館
 13:30~16:40  大会式,特別講演会 熊本大学
工学部百周年記念館
 18:00~20:00  大会交流会 熊本ホテルキャッスル
 第3日  9月17日(水)  9:00~17:00 企画講演,一般講演  
 第4日  9月18日(木)~19日(金)  見学会
3コース
 1. 「1泊2日」菱刈鉱山コース(住友金属鉱山株式会社 菱刈鉱山)
2. 「1泊2日」八丁原地熱発電所・佐賀関製錬所コース(九州電力 八丁原発電所,パンパシフィック・カッパー佐賀関製錬所)
3.「日帰り」三池炭鉱産業遺産コース(荒尾市,大牟田市,大牟田市石炭産業科学館) 

大会式・市民参加型特別講演会・大会交流会

日 時       
2014年9月16日(火)13:30~16:40
会 場
熊本大学 工学部百周年記念館(熊本大学黒髪南キャンパス) 
スケジュール
13:30-14:15:大会式
14:30-15:30:特別講演1:「廃墟か、世界遺産か。世界遺産登録を目指す三池炭鉱のOUV(顕著な普遍的価値)と産業遺産としての評価」 藤原惠洋 先生(九州大学大学院芸術工学研究院教授) 
15:40-16:40:特別講演2:「~100年後も愛されるキャラクターを目指して ~「くまモン」にみる熊本県のブランド戦略」 成尾雅貴 氏(熊本県商工観光労働部 観光経済交流局 くまもとブランド推進課
18:00-20:00:大会交流会:熊本ホテルキャッスル[熊本市中央区城東町4-2]


市民参加型特別企画(オンサイト企画 at 南阿蘇)
       -阿蘇地域の地熱資源と地熱資源利用例-

現在,南阿蘇村において地熱資源利用の計画が動き始めています。そこで,今後の地熱資源利用に資する目的で,南阿蘇村,JOGMECの協力を得て,阿蘇地方の地熱資源の現状と全国の主な地熱資源の利用例を紹介する市民参加型の企画講演会を開催します。また,この機会に,地熱資源利用予定のサイトを見学するとともに,阿蘇地域の主な研究・観光スポットを見学します。

日 時 
2014年9月18日(木)13:00~16:30
場 所       
南阿蘇村保健センター(予定),ほか
募集人員
20名(先着順)
参加費
参加費:13,000円(1泊4食付18,19日の昼食代含む),日帰りの場合:昼食費1,000円
申込方法
お名前,ご所属,携帯電話番号(同日連絡が取れるもの),「宿泊希望」または「日帰り」を明記し,オンサイト企画担当(sonoyama@kumamoto-u.ac.jp)まで e-mail でお申し込み下さい。折り返し,参加可否の連絡をいたしますので,参加可能の返信を受けた方は下記の振込先まで参加費をお支払いください。
参加費のお支払い
【振込先】
 熊本銀行子飼橋支店 普)3046641
 資源素材2014熊本実行委員会  
申込および振込締切日
8月20日(水)

コース予定

 9月18日(木)  9:30 熊本交通センター貸切バスのりば集合(予定,詳細は後日公開します),10:10熊本大学経由,11:40南阿蘇村保健センター,11:50 昼食(弁当)

オンサイト企画講演 at 南阿蘇
 13:00-13:05 挨拶 熊本大学 尾原祐三
 13:05-13:45 我が国における地熱開発 JOGMEC 當舎利行
 13:45-14:15 九州・阿蘇の地熱資源 九州大学 糸井龍一
 14:30-16:00 地熱資源利用例
   土湯温泉バイナリー発電事業による地域づくりへの挑戦
            つちゆ温泉エナジー株式会社 加藤勝一
   洞爺湖町における地熱開発 の取り組みについて
            洞爺湖温泉利用協同組合 四宮 博
   温泉発電手引書の紹介及び南阿蘇村における
               小規模地熱発電の可能性について
            エンジニアリング協会 木内 勉
 16:00-16:30 地熱資源利用に関する質疑・応答・議論

ホテルアソシエート泊,宿泊しない方は熊本空港経由の熊本市内
 9月19日(金)  9:00ホテル出発,9:10~9:40京都大学火山研究所,9:50 ~10:10阿蘇観光ホテル跡地(地熱資源利用予定地),10:50~11:05大観峰,11:30~11:45阿蘇神社,11:55~12:40昼食,13:10~13:40阿蘇火口,14:10~14:30白川水源,15:30熊本空港経由,17:00熊本市内某所



バナースペース

資源・素材 2014(熊本)実行委員会

〒860-8555
熊本市中央区黒髪 2-39-1

TEL 096-342-3694
FAX 096-342-3694

共催・協賛・後援団体

【共催】
骨材資源工学会,(一財)石炭エネルギーセンター,(独)石油天然ガス・金属鉱物資源機構,石灰石鉱業協会,線材製品協会鋼索部会,日本鉱業協会,日本鉱業史研究会,(一社)日本砕石協会,南阿蘇村,ワイヤロープ研究会,九州大学博士課程教育リーディングプログラムグリーンアジア国際戦略プログラム

【協賛 】
(一社)エネルギー・資源学会,(公社)化学工学会,環境資源工学会,石油技術協会,(公社)土木学会,西日本岩盤工学研究会,やろう会,(一社)日本機械学会,(公社)日本金属学会,(公社)日本材料学会,日本地熱学会,(一社)日本鉄鋼協会,(一社)日本リモートセンシング学会,(一社)廃棄物資源循環学会,(公社)物理探査学会

【後援】
熊本大学,熊本県,熊本市,荒尾市,荒尾市教育委員会