本文へスキップ

資源・素材学会 The Mining and Materials Processing Institute of Japan

〒860-8555 熊本市中央区黒髪 2-39-1
熊本大学大学院自然科学研究科
資源・素材 2014(熊本)実行委員会

見学会FIELD TRIP


お知らせ

第3班「三池炭鉱産業遺産」コースについては,まだ若干余裕がございます。参加希望の方は学会事務局までお問い合わせ下さい。

見学会・第2班「八丁原地熱発電所・佐賀関製錬所」コースは 8/18 をもちまして定員に達しましたので募集を締め切らせて頂きます。

見学会・第1班「菱刈鉱山」コースは 7/10 をもちまして定員に達しましたので募集を締め切らせて頂きます。


申込方法

 E-mailにて資源・素材学会事務局(info@mmij.or.jp)宛に「参加希望コース」「参加者名」「参加者所属名」「見学会当日連絡が取れる電話番号」をご連絡ください。折り返し,参加可否の連絡をいたしますので,参加可能の返信を受けた方は,学会誌7号綴込みの郵便振替用紙にて参加費をお振り込みください(銀行振込をご希望の方は「お知らせ」のページの「参加費および参加申込方法」を参照下さい)。

※注意※ 大会および見学会の参加申込後の登録取消は、原則として申込締切日の一週間後(8月27日)までといたします。ご了承ください。


見学会コース概要


 班  コース名  主な見学先  実施日  定 員  参加費
 1 菱刈鉱山  曽木の滝周辺,住友金属鉱山株式会社 菱刈鉱山(鹿児島県伊佐市)  9月18~19日
(木, 金)
 10名
(先着順)
 23,000円
(1泊3食付)
 2 八丁原地熱発電所・佐賀関製錬所 九州電力 八丁原発電所(大分県九重町),パンパシフィック・カッパー佐賀関製錬所(大分市)  9月18~19日
(木, 金)
 20名
(先着順)
 20,000円
(1泊4食付)
 3 三池炭鉱産業遺産  万田坑(荒尾市),宮原坑,宮浦石炭記念公園,三池港,大牟田市石炭産業科学館(大牟田市)  9月18日(木)  20名
(先着順)
 6,000円
(昼食付)
【お断り】
※1 各コースとも参加人数が少ない場合,取りやめさせていただく場合がございます。
※2 運輸機関のダイヤ改正,各地の道路状況,天候,などにより,行程・時間が変更になる場合がございます。特に,お帰りの列車および飛行機の時間には余裕をもたせてください。
※3 宿泊先での飲料代につきましては,現地にて実費精算していただきます。



第1班:菱刈鉱山コース予定

 見学先 曽木の滝周辺,住友金属鉱山株式会社 菱刈鉱山(鹿児島県伊佐市)
 概 要  東洋のナイアガラとも呼ばれる曽木の滝およびグッドデザイン賞を受賞した分水路など周辺を見学する(地元観光ボランティアガイド付)。菱刈鉱山では,1年間に7.5トンの金を産出する商業規模で国内唯一となる貴重な現場を見学する.
 9月18日(木) 13:30 JR新水俣駅新幹線改札口前集合
14:30~16:00 曽木の滝周辺見学
16:30 湯之尾温泉 早水荘 泊.
 9月19日(金) 8:30早水荘 出発
9:00~13:00 住友金属鉱山株式会社 菱刈鉱山見学 (昼食)
14:00 鹿児島空港
15:00 JR鹿児島中央駅 解散


第2班:八丁原地熱発電所・佐賀関製錬所コース予定

 見学先 九州電力 八丁原発電所(大分県九重町),パンパシフィック・カッパー佐賀関製錬所(大分市)
 概 要  九州電力八丁原発電所では国内最大規模を誇る地熱発電所の現場を見学する。パンパシフィック・カッパー佐賀関製錬所では,年間電気銅生産能力45万トンで世界でもトップクラスの規模と技術力を誇る現場を見学する。阿蘇の山々を一望できる観光スポットの大観峰で休憩する予定。
 9月18日(木) 9:50 熊本交通センター貸切バスのりば集合
10:30 熊本大学経由
11:40~12:00 大観峰 (休憩)
12:30~13:30 三愛レストハウス (昼食バイキング)
14:00~15:00 九州電力 八丁原発電所見学
17:00 別府温泉 ホテル清風 泊.
 9月19日(金) 8:30 ホテル出発
10:00~13:00 パンパシフィック・カッパー佐賀関製錬所見学 (昼食)
14:00 JR大分駅
15:00 大分空港 解散


第3班:三池炭鉱産業遺産コース予定

 見学先 万田坑(荒尾市),宮原坑,宮浦石炭記念公園,三池港,大牟田市石炭産業科学館(大牟田市)
 概 要 「明治日本の産業革命遺産 九州・山口と関連地域」として世界遺産(近代化産業遺産)候補となっている三池炭鉱関連施設を坑口,炭鉱専用鉄道,三池港に至る一連の流れを関連づけて見学する(地元観光ボランティアガイド付)。大牟田市石炭産業科学館では,三池炭鉱関連資料,模擬坑道,などの展示を見学する。昼食場所は,明治を代表する西洋建築の傑作と呼び声高い旧三井港倶楽部(大牟田市指定文化財)内のレストランを利用。
 9月18日(木) 7:50 熊本交通センター貸切バスのりば集合
8:30 熊本大学経由
10:00~11:00 万田坑見学
11:15~11:35 宮原坑見学
       三池集治監跡(車窓)
11:45~12:05 宮浦石炭記念公園見学
12:20~13:30 旧三井港倶楽部(昼食)
13:35~14:05 旧長崎税関三池税関支署,三池港閘門など三池港見学
      三川坑(車窓)
14:20~15:20 大牟田市石炭産業科学館見学
17:00 熊本大学
17:30 熊本交通センター 解散


集合場所

○第1班:菱刈鉱山コース
 JR新水俣駅改札口



○第2班:八丁原地熱発電所・佐賀関製錬所コース,第3班:三池炭鉱産業遺産コース共通
 1.熊本交通センター,Dホーム・ツアーバスのりば(※下図をクリックすると大きい
   図面を見ることが出来ます)
 2.熊本大学工学部百周年記念館前(大会式,特別講演会会場の前です。アクセスの
   ページを参照下さい)


※図面をクリックすると大きい図面を見ることが出来ます。



バナースペース

資源・素材 2014(熊本)実行委員会

〒860-8555
熊本市中央区黒髪 2-39-1

TEL 096-342-3694
FAX 096-342-3694

共催・協賛・後援団体

【共催】
骨材資源工学会,(一財)石炭エネルギーセンター,(独)石油天然ガス・金属鉱物資源機構,石灰石鉱業協会,線材製品協会鋼索部会,日本鉱業協会,日本鉱業史研究会,(一社)日本砕石協会,南阿蘇村,ワイヤロープ研究会,九州大学博士課程教育リーディングプログラムグリーンアジア国際戦略プログラム

【協賛 】
(一社)エネルギー・資源学会,(公社)化学工学会,環境資源工学会,石油技術協会,(公社)土木学会,西日本岩盤工学研究会,やろう会,(一社)日本機械学会,(公社)日本金属学会,(公社)日本材料学会,日本地熱学会,(一社)日本鉄鋼協会,(一社)日本リモートセンシング学会,(一社)廃棄物資源循環学会,(公社)物理探査学会

【後援】
熊本大学,熊本県,熊本市,荒尾市,荒尾市教育委員会